丸山大輔県議の生い立ちは壮絶だった?裏の顔はお酒と女が好きと判明!

2022年11月28日、妻を殺害したとして長野県議会議員である丸山大輔容疑者が逮捕されました。

報道によると、2021年9月29日に自宅で妻の希美さん(当時47歳)を窒息させた疑いが持たれているとのこと。

これらが事実だとすると、約1年間にも渡り平然とした顔で事件後も政治活動をしてきたということですので、丸山大輔容疑者の異常性が垣間見えますよね。

そんな丸山大輔容疑者ですが、一体どのような生い立ちを歩んできたのでしょうか?

そこで今回は、丸山大輔容疑者の生い立ちやお酒と女に纏わる噂についてまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

丸山大輔県議の生い立ちは壮絶だった?

丸山大輔県議の生い立ちは壮絶だった?

2021年9月に妻・希美さんを殺害した容疑で、2022年11月28日に逮捕された長野県議・丸山大輔容疑者。

事件後も罪を犯しているにも関わらず、平然とした顔で政治活動をしていたことが知られています。

丸山大輔容疑者のサイコパス発言や犯行動機の詳細はこちら↓

アリバイ工作をし、逮捕から数ヶ月前の2022年9月にはインタビューで「犯人の心境を知りたい」などと語っていた丸山大輔容疑者。

一体、どのような生い立ちを送ってきたのでしょうか?

リサーチしてみたところ、丸山大輔容疑者は創業130年以上も続く酒屋「笑亀酒蔵株式会社」の息子として生まれていたことが分かりました。

丸山大輔県議の生い立ちは壮絶だった?
  • 創業:1883年(明治16年)
  • 代表取締役社長:丸山大輔
  • 住所:長野県塩尻市塩尻町

代々続く歴史ある酒造の息子でもあり、きっと幼い頃からお酒に関する仕事や知識を備えてきたと思われます。

そして過去のインタビューでは、子供の時は母親がとても厳しかったということを明かしていました。

◆子どものときはどんなお子さんでしたか?
先生に怒られた記憶ばかりあります。母が大変厳しかったので家ではイイ子でした。

引用:ずくラボ!

家では品行方正で、学校では先生に怒られることが多いような幼少期だったようですね。

ちなみに、小さい頃になりたかった職業については「なんとなく医者」とコメントしていました。

◆小さい頃なりたかった職業は?
医者とか、なんとなく。お医者さんバッグ一つでどこでも、どこの国でもできそうかなと。

引用:ずくラボ!

当時は、酒屋の跡継ぎなどは考えていなかったのでしょう。

そして2002年の27歳のときに、父親が亡くなり酒屋の跡を継ぐ形になったようです。

スポンサーリンク

丸山大輔県議はお酒と女が好き

丸山大輔県議はお酒と女が好き

長野県議を務めていた丸山大輔容疑者ですが、実はお酒と女が好きということが判明しました。

過去のインタビューの回答を見てみると、その一部始終が垣間見えます。

「ずくラボ!」で掲載されていた丸山大輔容疑者のプロフィールがこちら。

引用:ずくラボ!
  • プロフィール
  • 1974年8月11日生
  • 塩尻市出身
  • ◯マイナス型
  • 【ながの占い】花火
  • 【趣味】きれいな人を眺める

趣味に、「きれいな人を眺める」ということを公言しており、女性好きであることをオープンにしていたことが分かります。

このほかにもインタビューで女好き・酒好きと分かるような回答がありました。

◆素敵な女性を見極めるポイントは?

尻、足、うなじ。(-_-;)そういうんじゃないんですか?いや、これでいいです。間違いないです。

◆生活に欠かせないもの

美しい女性です。生活というか人生に欠かせません。

◆どんなお酒が好きですか?

味のあるお酒が好きです。個性や主張があって、力の強い酒。常に戦いというか勝負の酒を飲んでいたい。この酒で勝っていくぞ!みたいな力を感じる、そういうのを造っていきたいです。

◆座右の銘が「酒に飲まれろ」ですが、失敗談とかありますか?

いろいろやらかしてます。最近は記憶ないことが多いです。でも出入り禁止の店はありません。やっぱ人徳かな(笑)

◆取材の最後にメイン写真はどこで撮りますか?

どこを撮るって?体のどこの部分がいいですか?(-_-;)

人生に欠かせないほど美しい女性が好きだそうで、「酒に飲まれろ」という座右の銘もあるようです。

街づくりでは「尻」をピックアップしていた

丸山大輔県議はお酒と女が好き

出身である長野県塩尻市の街づくりを担う会社の社長も務めていた丸山大輔容疑者ですが、

塩尻市の「」に注目してる

と下ネタのようなコメントもしていました。

街づくりとして、「尻」にちなんだイベントや商品の開発を考案していたようですが、インタビューでは以下のように語っていました。

【街づくり】

塩尻青年会議所などで会議があって、塩尻の「尻」をもっと生かそうと、今議案書を作成中。

まだ通ってないですけど、「シオシリンピック」の開催。競技としてはお尻でするバレーボール「尻コンバレー」とか。(市長の信州版シリコンバレーとは違います)

名産品としては「尻コダマ」という饅頭、「ヒップリン」というプリン。

ハリウッドのチャイニーズシアターみたいな有名人の手型でなく尻型の道路とか、待ち合せに便利な尻モニュメントとか、尻を祀った神社とか。

もっと観光客にきてもらえるような、塩尻市におもしろみとパワーをつけたい。そのために、街づくり会社を作ろうと動いてます。めちゃくちゃ真剣です!(中略)

引用:ずくラボ!

尻型の道路が塩尻に作れることになったら、まず一号はアンジェリーナ・ジョリーにしたいです!(-_-;)

仕事は楽しくやったほうがいいです。

ヒップリンのアイデアですけど、一応味はピーチで、フランベか何かすると、こう茶色いカラメルソースがでるとか、、、女性としてありですか?

(編集部:お子さんは喜ぶと思いますが、お母さんは嫌がるかも)

じゃ、GOですね。試作品を作らないと。なにか他の味の候補とかアイデアあったらまた教えて下さい。
もしだったらというより、実現に向けて真剣に企画立てています。期待していて下さい!

引用:ずくラボ!

確かに、「お尻」のイベントや商品となったらキャッチーで話題性はありそうです。

ただ、尻型の道路やヒップリンのアイディアなどはかなり攻めた案にも感じますね。

このように丸山大輔容疑者は、お酒や女性好きでかなりやんちゃな一面も持ち合わせた人物だったようです。

こちらの記事もどうぞ↓

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次