【尼崎市会見】紛失USBメモリのパスワード13桁を喋った職員の男性は誰?名前を特定!

2022年6月23日、兵庫県尼崎市が全市民46万人分の住民基本台帳の情報が入っているUSBメモリーを紛失したと発表しました。

多くの個人情報が流失したという事件に、世間には波紋が広がっています。

更には、尼崎市の会見で市の職員男性がUSBメモリーのパスワードの桁数を答えてしまったことで、ネット上では批判の声が相次いでいます。

そこで今回は、

  • 【尼崎市会見】紛失USBメモリのパスワード13桁を喋った職員の男性は誰で名前は?
  • 尼崎市会見でパスワードの桁数を話したことに対するネット反応は?

というテーマでご紹介していきたいと思います。

それでは、早速本題に入りましょう。

スポンサーリンク
目次

【尼崎市会見】紛失USBメモリのパスワード13桁を喋った職員の男性は誰で名前は?

尼崎市会見の紛失USBメモリのパスワード13桁を喋った男性は誰で名前は?

2022年6月23日、兵庫県尼崎市から全市民の個人情報が入ったUSBを紛失した発表がありました。

報道によると、委託業者の男性がUSBメモリーを外部に持ち出し作業を行い、同僚らと飲酒をし帰宅する時にUSBが入ったかばんをなくしたことに気がついたそうです。

委託業者やUSBメモリーを紛失した担当者の詳細はこちら↓

流出した情報は、全市民の名前や住所、生年月日、さらには生活保護受給者などの口座情報も含まれていたようです。

そんな中尼崎市が会見を行いましたが、なんと会見中に市の職員がUSBメモリーのパスワード桁数を回答していました。

会見の実際の動画がこちら⬇

Twitterでは、これから推測されるパスワード予想キーワードがトレンド入りするなど大きな騒ぎとなっています。

またこのことにより、パスワードの解析が相当容易になることが予想され、ネット上では批判の声が相次いでいます。

一体、このパスワードの桁数を喋ったこの男性職員は誰なのか、名前が気になりますね。

調べてみたところ、この男性職員の名前は『中尾智次』さんということが分かりました。

尼崎市の職員で、

臨時特別給付金担当

を務めているようですね。

うっかり会見でパスワードの桁数を話してしまったと思われますが、尼崎市全市民の大切な個人情報なのでもう少し慎重に話すべきでしたね。

スポンサーリンク

尼崎市会見でパスワードの桁数を話したことに対するネット反応は?

桁数分かりゃ相当解析楽になるな

引用:Twitter

ヒント増やすの草

引用:Twitter

これこの後記者から言ったらヤバくねとか言われなかったのかな

引用:Twitter

桁数がわからないから膨大な試行数になって 解読が難しいって話なんよ… 桁数言ったら台無しなんよ…

引用:Twitter

こういう事に疎すぎるね・・ だからこういう事故が起きる。 危機管理能力なさすぎですね

引用:Twitter

もう昭和生まれに重要なことさせないほうがよさそうです…。

引用:Twitter

こちらの記事もどうぞ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる