宇宙飛行士でひとり親の母と、幼い娘のロケット打ち上げまでの日々を描いたのは、『裸足の季節』の脚本が絶賛されたアリス・ウィンクール監督。自身も幼い子供を持つ彼女が、宇宙飛行士という特殊な環境で働く母親と、その子供との特別な関係に焦点を当て、お互いを想い合うあまりぶつかり合い、愛しさも寂しさも経験し成長していく親子の物語を誕生させた。撮影は欧州宇宙機関(ESA)の協力により、ドイツ、ロシア、カザフスタンの関連施設で敢行。宇宙飛行士の知られざる世界をリアリティあふれる映像でスクリーンに表現した。母サラを演じたのは、実写映画『ダンボ』や、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』で、子供から大人まで世界中の観客を魅了したエヴァ・グリーン。娘のステラは約300人の中からオーディションで選ばれたゼリー・ブーラン・レメル。チームリーダーの宇宙飛行士にマット・ディロン等、欧米の実力派俳優が集結。さらに、音楽は世界で活躍する坂本龍一が担当した。
フランス人宇宙飛行士のサラ(エヴァ・グリーン)は、ドイツの欧州宇宙機関(ESA)で、長年の夢だった宇宙へ行く事を目指して、日々訓練に励んでいる。物理学者の夫トマス(ラース・アイディンガー)とは離婚し、7歳の幼い娘ステラ(ゼリー・ブーラン・レメル)と2人で暮らす彼女は、「プロキシマ」と名付けられたミッションのクルーに選ばれる。大喜びのサラだったが、このミッションに旅立てば、約1年もの間、娘と離れ離れになる。ステラを残し宇宙へ飛び立つまでに2ヶ月しかない。過酷な訓練の合間に、娘は母と約束する「打ち上げ前に2人でロケットを見たい」と。母は約束を果たし、無事に宇宙へ飛び立てるのか。
フランス・パリ生まれ。母は『雨の訪問者』(70)で知られる女優マルレーヌ・ジョベール。ベルナルド・ベルトルッチ監督作『ドリーマーズ』(03)で映画デビュー。作品がデザイナーのジョルジオ・アルマーニの目に留まり、エンポリオ・アルマーニのモデルにも起用された。リドリー・スコット監督作『キングダム・オブ・ヘブン』(05)のヒロイン役をきっかけにハリウッドへ進出。続いてダニエル・クレイグ主演『007/カジノ・ロワイヤル』(06)でボンドガールを務め、世界的に注目を浴びた。同年には、英国アカデミー賞でライジング・スター賞も受賞している。またティム・バートン監督のミューズとして『ダーク・シャドウ』(12)、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(16)、『ダンボ』(19)と多数の作品に出演。近年の出演作に、ロバート・ロドリゲス監督作『シン・シティ 復讐の女神』(14)、マッツ・ミケルセン主演『悪党に粛清を』(15)、ロマン・ポランスキー監督作『告白小説、その結末』(17)がある。本作では、セザール賞主演女優賞にノミネートされた。
フランス生まれ。『Des morceaux de moi(原題)』(12)(訳:私のかけら)で映画初出演。本作への出演は大規模なキャスティングオーディションで約300人の中から選ばれた。監督のアリス・ウィンクールから「ゼリーにはエドワード・ヤン監督作『ヤンヤン 夏の想い出』(00)の少年のような瑞々しさを感じた。」と絶賛された。主演のエヴァ・グリーンとは熱心にリハーサルを繰り返し、本作に臨んだ。
アメリカ・ニューヨーク州生まれ。高校在学中にキャスティング・ディレクターにスカウトされデビュー。78年『レベルポイント』で映画に初出演。その後、フランシス・フォード・コッポラ監督の青春映画二部作『アウトサイダー』、『ランブルフィッシュ』(共に83)に不良少年役で出演、マーロン・ブランド、ジェームズ・ディーンの後継者として注目される。ガス・ヴァン・サント監督の『ドラッグストア・カウボーイ』(89)ではインディペンデント・スピリット賞の主演男優賞を受賞。また『イン&アウト』(97)、キャメロン・ディアス主演の『メリーに首ったけ』(98)等のコメディ、サスペンス映画『ワイルドシングス』(98)に出演するなど、幅広いジャンルで活躍。『クラッシュ』(04)では、米国アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞、インディペンデント・スピリット賞と多数の映画賞で助演男優賞にノミネートされた。また、『シティ・オブ・ゴースト』(02)では、監督・脚本・主演を務めた。近年の出演作にM・ナイト・シャマラン監督・制作総指揮のTVシリーズ「ウェイワード・パインズ 出口のない街」(15)、ラース・フォン・トリアー監督作『ハウス・ジャック・ビルド』(18)がある。
ドイツ・ベルリン生まれ。映画出演だけでなくドイツのテレビドラマでも活躍している。フランスの巨匠オリヴィエ・アサイヤス監督作品『アクトレス ~女たちの舞台~』(14)、『パーソナル・ショッパー』(16)で世界的に知られるようになり、2016年にはクリス・クラウス監督『ブルーム・オブ・イエスタディ』(16)でドイツ映画賞にノミネートされた。主演のエヴァ・グリーンとはティム・バートン監督作品『ダンボ』(19)でも共演している。近年の出演作にテレビ映画『SS-GB ナチスが戦争に勝利した世界』(17)、テレビドラマ「バビロン・ベルリン」(17)、映画では『マチルダ 禁断の恋』(17)、『ハイ・ライフ』、『カット/オフ』(共に18)がある。
ドイツ・テューリゲン生まれ。舞台女優としてキャリアをスタートし、2006年までドイツ各地で行われた数々の舞台に出演。2015年にはドイツで最も歴史があり、重要な美術院でもあるミュンヘン美術院に入会を許された。映画デビューは『レクイエム~ミカエラの肖像』(05)で、この作品でベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)、ドイツ映画賞最優秀主演女優賞の他、多数の賞を受賞した。続く『Uber uns das All(原題)』(11・未)でもドイツ映画賞、ドイツ映画批評家協会賞にて主演女優賞を受賞。ドイツを代表する女優のひとりである。近年の出演作に『ピノキオ』(13)、『ありがとう、トニ・エルドマン』、『希望の灯り』(共に18)があり、『ありがとう、トニ・エルドマン』では、ヨーロッパ映画賞、トロント映画批評家協会賞、バイエルン映画賞で主演女優賞を受賞した。




1976年フランス・パリ生まれ。フランスの名門映画学校、フランス国立映像音響芸術学院を卒業後、短編映画『Kitchen(原題)』(05)を監督。さらに2作の短編映画『Magic Paris(原題)』(07・末)、『Pina Colada(原題)』(09・末)を制作した。長編映画デビューは『博士と私の危険な関係』(12)。続いて『君と歩く世界』(12)のマティアス・スーナールツと『アンノウン』(11)のダイアン・クルーガー共演のサスペンス『ラスト・ボディガード』(15)を監督、トロント国際映画祭にて上映された。また『裸足の季節』(15)では監督のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェンと共同で脚本を担当し、セザール賞最優秀脚本賞を受賞した。
1952年東京生まれ。1978年「千のナイフ」でソロデビュー。同年YELLOW MAGIC ORCHESTRA(YMO)を結成。散開後も多方面で活躍。大島渚監督作『戦場のメリークリスマス』(83)で英国アカデミー賞を、ベルナルド・ベルトルッチ監督作『ラストエンペラー』(87)の音楽ではアカデミーオリジナル音楽作曲賞、グラミー賞、他を受賞。常に革新的なサウンドを追求する姿勢は世界的評価を得ている。 環境や平和問題への言及も多く、森林保全団体「more trees」の創設、「stop rokkasho」、「NO NUKES」などの活動で脱原発支持を表明、また「東北ユースオーケストラ」を立ち上げるなど音楽を通じた東北地方太平洋沖地震被災者支援活動も行っている。 2013年に山口情報芸術センター(YCAM)10周年事業のアーティスティック・ディレクター、2014年に札幌国際芸術祭2014のゲストディレクターに就任、2018年にはソウル(韓国)に完成したアートスペース「piknic」において複数のサウンドインスタレーション作品を展示した「Life, Life」展を開催し6万人以上を動員するなど、アート界への越境も積極的に行っている。 2014年7月、中咽頭癌の罹患を発表したが、2015年、山田洋次監督作『母と暮せば』(15)とアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作『レヴェナント:蘇えりし者』(15)の音楽制作で復帰を果した。2017年春には8年ぶりとなるソロアルバム「async」を、同年末よりICC(東京)において新作のインスタレーション「IS YOUR TIME」を発表。その後も多数の映画音楽制作を手掛けるなどハイペースの活動がつづいている。